ディーラーでの下取り価格

ディーラーでの下取り価格が低い理由

みなさん様々な方法や手順で値引きを試みて、もうこれ以上値引きが難しい・・・となったとき、ディーラーは値引きをもう少し頑張ります・・・と見せかけて、実は下取りに出した車から利益を出すことによって、ディーラーの損失を少なくしているんです。

 

 

 

簡単に言えば、もう少し頑張りますと言って、値引き額を10万円上げてもらったとします。

 

こちらは得した気になって、総額で結構な値引きができた!と思うかもしれません。
ですが、ディーラー側はその10万円を損したわけではないのです。

それはなぜか・・・?

下取りに出した車の本当の下取り価格は50万円なのに、下取り価格を40万円とすることによって差額10万円の利益を出し、その差額分で値引きをした金額の10万円にあてている、ということです。

 

 

結局、最後の最後まで値引きを頑張ってプラス10万円の値引きに成功しても、下取り価格でこちらが10万円損しているので、これではとてもじゃないですが得した、とは言えませんよね・・・(´;ω;`)

 

プラマイ0です・・・。

 

 

この話、とっても怖いですが実はほとんどのディーラーが値引き交渉時に自社の損失を少しでも少なくするために、頻繁に行われていることです。

 

 

下取り車の査定額でこちらが損してしまうと、どれだけオプションをつけて頑張って値引きをしても、これでは意味がありません。

 

そもそも、値引きはディーラーオプションやメーカーオプションをつけることでディーラーでも利益が出るため、多少の値引きには応じてくれますが、何も会社側にメリットがないのにあと10万円頑張ります!なんてしてくれるわけがないと思いませんか?(@_@;)

 

 

どこかで利益を出せるから、もう一息!の値引きが通用するんです。

 

 

 

というわけで、もし下取り車がある場合でも、ディーラーで下取りに出すことは本当にお勧めしません。

 

 

 

では、どこで下取り査定をしたらいいのか?
損しないためにあなたができること、気になった方はこちらを参考にしてください。↓
「どこで下取りに出すのが一番いいの?−全国共通で言えること−」

 

 

>>車の下取り相場価格を知っておく方法